坐禅

坐禅と瞑想は同じなのか。

誰でも一度は考えるんだよな。その手の専門家や雑誌の特集でも禅・瞑想特集などとひとくくりにする場合も多い。 瞑想はさまざまな方法がある。そして坐禅もさまざまな定義があると思う。例えば坐禅の基本でもある祗管打坐すら師家で指導がガラリ違う。目指す…

孤独と坐禅

心理学者のユングは人付き合いの多い人、少ない人に分けて以下の実験をしたそうだ。 喫煙率 人付き合いの多い人…7.9% 人付き合いの少ない人…13% アルコール接種(20g超) 人付き合いの多い人…14.1% 人付き合いの少ない人…23.4% そして死亡率は少ない人は…

ミソジニー

ミソジニー。聞き慣れない言葉だが、意味は女嫌い。今回はこのミソジニーの考察。 釈尊がミソジニーだったという説がある。原始仏典に明るい方ならピンとくるだろうが、かなりの罵詈雑言を女性に対して浴びせている。 「われは(昔さとりを開こうとした時に…

怠るべからず

釈尊の一番弟子であり、二十五年間も側近を務めたアーナンダ。彼は釈尊の説法を一番聞いていた人物でそれゆえに「多聞第一」と言われていた。釈尊亡き後に、世尊の言葉を後世に残そうと当時の阿羅漢らが結集した。これが経典の起こりであり、第一結集と言わ…

時間についての独り言

時間についての独り言 我々は厳密にいうところの「今」を認識できない。認識できるのは過去と未来、そしてそれは形骸化したもの、すなわち妄想と化している。よって”いまに気づく”などとよく聞くが、正確に言うならば誤謬になると思う。 そんな人間は今は認識…

ティク・ナット・ハン編

だいやめ座右の書的一冊 劇場公開が期待されるタイ師(ティク・ナット・ハン師)の「Walk with me」だが、現時点では日本公開は未定。どうもミニシアターでの上映になりそうな… まあいずれにせよ、タイ師のご尊顔をシアターで見れるのは変わりはないわけで。…

読書

恐ろしく本を買わなくなった。 ここ十年は月に一万は買っていたのに。 それもほぼ全部仏教書。 最近は本屋すら行かなくなった。 本を読むと何か隠された事実があるとか、奥義的なものがあるとか期待するんだよな。 確かにロジックでは理解できる。 が、それ…

暇つぶし

〜人間の不幸などというものは、どれも人間が部屋にじっとしていられないかがために起こる。部屋でじっとしていればいいのに、そうできない。そのためにわざわざ自分で不幸を招いている。(パスカル)〜 数学者でもあり、物理学者でもあるパスカルの言葉だが、…

最近の坐り

娘が高校卒業して五時起きから解放。そして夕方迎えに行く必要もなくなり、時間的に余裕ができた。 それまで朝一柱だけ坐っていたのが、朝夕坐るようになった。(休日は家事を終わらせ、暇があれば坐るようにしている)帰宅し十分程度仮眠、そして坐る。これが…