気づきのブログ

坐禅、瞑想、仏教について書いてました。H30年6月で当ブログ終了しました。今後は当時の手記のみ更新予定です。

読書

脱童貞者の境地

去年の年末、仏教書、禅書の類いを処分した。手元に残ってるのは老師の提唱録とアーチャン・チャーの法話集のみ。禅書は禅友のみなさんにドナドナしたが、仏教書の類いは実家の倉庫の肥やしとなった。 平日は仕事から帰って坐禅、風呂、飯、洗濯をしてさっさ…

嗚呼、チャン・チャー

だいやめはアーチャン・チャーびいきだねとはよく言われる。twitterのタイムラインにはチャー師のbotのRTが多いし(^^;今回はなぜ私がチャー師を推すのかを書いてみたい(坐右の書第三弾はアーチャン・チャー)。 理由その①テーラワーダのみならず、大乗の方…

久しぶりのブログ、読書

昨年末に仏教書、禅書の類を処分した。それ以来は本屋も行かずにいたのだが、たまたま会社の書類棚を整理していると以前購入した本が出土した。なんとアチャン・チャー法話集第二巻だった。 ‪アチャン・チャー法話集は英書の″Food for the Heart:The Collect…

孤独と坐禅

心理学者のユングは人付き合いの多い人、少ない人に分けて以下の実験をしたそうだ。 喫煙率 人付き合いの多い人…7.9% 人付き合いの少ない人…13% アルコール接種(20g超) 人付き合いの多い人…14.1% 人付き合いの少ない人…23.4% そして死亡率は少ない人は…

テーラワーダ編その①

第二回 だいやめ座右の書的一冊 今回はテーラワーダ編。大好きなアーチャン・チャー師から。 まずは大ヒット作。 [増補版]手放す生き方・サンガ出版 この本を読まれた方はとにかく多いと思う。翻訳はミャンマーでの瞑想修行の経験をお持ちの星飛雄馬氏。一時…

読書

恐ろしく本を買わなくなった。 ここ十年は月に一万は買っていたのに。 それもほぼ全部仏教書。 最近は本屋すら行かなくなった。 本を読むと何か隠された事実があるとか、奥義的なものがあるとか期待するんだよな。 確かにロジックでは理解できる。 が、それ…

おめでとうございます!

般若経と言えば般若心経。般若心経と言えば「空」。その「空」が出てこない般若経がある。金剛般若経&善勇猛般若経である。 金剛般若経は結構メジャー(と言っても在家にはマイナー)なのだが、それの上位互換版の善勇猛般若経はほぼマイナーな経典だった… が、評…